バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

カルティバの新作トレブルフック・STY-35MFに一目惚れ

先日の2015ジャパンフィッシングショー(横浜)で、個人的に注目度ナンバーワンだったアイテムが、これ↓

スポンサーリンク

20150131_141450

カルティバさんの新しいトレブルフック、「STY-35MF」。

まずパっと見でまあまあド肝を抜かれるのですが、トレブルフックの角度が不均等になっています。
具体的に言うと、上から見ると1辺だけ広く(150°)なっています。

20150131_141037

プラグ好きの人なら、あっ、と思うかもしれません。

そうです、プラグのフロントフックに装着する事で、ボディ幅に対してフックポイントを外側に広く取って初期掛かりを改善させる狙いなのだそうです。
(つまりワイドゲイプ化と似た効果というわけですね)

スポンサーリンク

さらに面白いのはフックポイントの向きで、写真では分かりにくいのですがかなり内向きにセッティングしてあります。
がまかつのトレブル21や、リューギのピアストレブルみたいな形状で、貫通力の向上を狙ったセッティングかと思います。

ただ、この手の内向き形状は必然的にゲイブ幅が狭くなってしまいます。
それを補うためにフックサイズ自体を1番手上げる・・・と言った工夫をしたりするのですが、そうすると重量が増えて、特にサスペンドルアーなどでは困る事もあるんですよね・・・。

と言ったマニアックな話をメーカーの方にすると、「そのために超ショートシャンクにして、同番手のフックよりも軽くしてあります」との事。
はい、脱帽いたしました・・・。

さらにリューギのTCコートみたいな?表面がツルツルになって摩擦抵抗が減るというコーティングも施されているようです。
残念ながらソルトには対応していないようですが、個人的には期待度MAX。

ワイヤーの線径はST-36程度で、カルティバさん伝統の(?)折れるより曲がる系の柔らかめの焼き入れだそうです。

今シーズン、絶対に買って試したい1品です。
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

アーカイブ