バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

シマノ・「夢屋4ブロック SVSブレーキ」についての残念なお知らせ

(シマノHPより)

スポンサーリンク

’14年以降のリールに採用された、新型4ブロック SVS。
自重や調整法などが改善され、かなり熟成が進んだと好評です。
そしてこのブレーキユニットの単品販売が、いよいよ夢屋からスタート!
しかし問い合わせで判明した、非常に残念なお知らせをシェア致します・・・

●夢屋13メタニウム4ブロック SVSブレーキユニット

シマノ準純正?の「夢屋」ブランドから、4ブロックのSVSブレーキユニットが発売されています。

product1_s
(シマノ公式HPより)

これは新方式のSVSで、2014年以降のモデルに採用されているものだそうです。
初期型のSVSを搭載している、12アンタレスと13メタニウムに適合するとの事です。
(スプール径が違うのに、どちらにも適合するというのが不思議ですが)

●ブレーキブロック数減少と、スライド式の調整が可能に

具体的な違いは、まずブレーキブロックが旧式の6個から4個に減っています。

18331_feature1
(シマノHPより)

考えてみれば、ブレーキブロックを5個以上ONにした事など一度もありません。
(大体、1~3個)
ブロックが少ない方が、SVS本体の軽量化に繋がりますので、これは良い変更だと思います。

また、旧型ではブロックのON/OFFを前後方向に押し込む事で調整していました。
以前も少し書きましたが、これが少し固くてやり辛い・・・。

関連記事:【「生粋のジャパニーズ・ベイト」13メタニウム純情物語 – ②】

しかも不意に外れてOFFになってしまう事もあり、その辺りが難点でした。

18320_feature1_s
(シマノHPより)

しかしクロナーク以降の新型は、左右へのスライド式で調整可能との事。
私自身は使った事が無いのですが、操作性は良好で、外れる事も無いのだそうです。
(出来ればマイナーチェンジで、これから製造する12アンタレス&13メタニウムにも採用して欲しいものだと思います)

24327_feature1
(シマノHPより)

※ちなみに、オイル切れ時の異音も少なくなったとの声もあるようです・・・。

●社外スプールの救世主に?

ところで現在では、様々なメーカーから社外品のスプールが販売されています。

i_80_06
(ZPI HPより)

こうしたシマノ向けサードパーティー製スプールには、1つ問題がありました。
それは、「純正スプールに付いたSVSを取り外して、移植しなければいけない」という事です。

これはシマノのSVSが、単品でパーツ販売をしていないからです。
プーラーという専用の工具を使えば個人でも出来るのですが、これが結構面倒。
少なくとも、気軽に何度も付け替えが出来るものではありません。

KTF-12BFS-SVS-P
(Karil HPより)

しかし今回夢屋ブランドで単品販売が行われた事で、それが劇的に解決する可能性があります。
(・・・と期待していたのですが、見事に裏切られました。詳しくは下記を↓)

●何と取り寄せ不可!?

デビューから賛否両論あったSVS∞ですが、このマイナーチェンジでだいぶ評価を安定させたように思います。
シマノさんの継続改善の努力、グッジョブ!
・・・という事で、試しに1つ注文を・・・と電話してみたところ、何と

取り寄せ不可

なのだそうであります。
・・・は?と一瞬耳を疑いましたが、確かにHPにもこのような記載が。

スポンサーリンク

スクリーンショット (154)

※本商品はシマノサービスで組み換えいたしますので、お客様のリールをお店にお預けください。
※交換後のブレーキユニット(6ブロックタイプ) はお客様へ返却しますが、交換後はご使用できません。
どうやら作業が難しいとの理由で、シマノへリールを送らないと交換してもらえないのだそうです。
これでは、前述の社外スプールでの活用は絶望的です。。。

ちょっと久しぶりに頭に来たので書いてしまいますが、シマノさん、ユーザビリティが悪くありませんか?

私はかなりのシマノ好きで、その製品(特にリール)の性能の高さはとても気に入っています。
しかし新型の15ツインパワーの記事でも書いたのですが、トルクスネジを採用するなど、「ユーザーには触らせない」という姿勢はいかがなものでしょうか。

関連記事:【15ツインパワーの注意点 – 防水性と引き換えに失ったもの

 

●ニーズが多様化する時代。釣具もさらなる細分化の流れ?

昨今はリールチューンも盛んになって、自分好みに細かくセッティングする時代になってきたと感じます。
アップルだってレゴだって、サードパーティー製の周辺機器を上手く取り込んで、ユーザーのニーズを掴んでいます。
完成品をはいどうぞ、だけでは、今や遥かに幅広くなったニーズを捉え切れないのではないでしょうか。

51Wk0rx1aDL._SX352_BO1,204,203,200_
(amazonより。大前さんのビジネスジャーナル読んで下さい!)

そうした流れに逆行するような姿勢は、本当に残念でなりません。
製品自体は素晴らしいものだと思いますので、ぜひ一刻も早く対応を変えて頂きたいと願っています。

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • こう
    • 2015年 10月 09日

    私もつい先日メーカーに断られ、ショックを受けました。
    いつも通っている釣具屋に取り寄せのお願いをしに行ったのですが、店員からは『たぶん無理ですよ』と融通はきかない感じで言われたので、『自己責任で交換するからと伝えてくれ』とダメ元でお願いしました。
    はっきりいって、交換するのに自信がある人に工賃の2200円はもったいないです。
    シマノには、プーラーを販売するとか交換するときスプールの破損は自己責任でという条件つける等してもらって、ブレーキユニットの取り寄せを可能にしてもらいたいです。

    • >こうさん
      既に断られ済みだったのですね!
      自己責任で良いので、本当に単品販売して欲しいですよね。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ