バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

<Fショー悲報>16アルデバランのスプールは、凄過ぎて互換性ナシ!

衝撃のマグネットブレーキを採用してデビューする、16アルデバランBFS XG。
シマノ渾身のベイトフィネスリールは、まさに新システムのオンパレード!
しかし一方で、15モデルとの互換性はありませんでした・・・。

スポンサーリンク

 

最大の注目株!16アルデバランBFS XG

まさかのマグネットブレーキの採用が衝撃的だった、16アルデバランBFS XG

product1
(シマノHPより)

シマノ本気のベイトフィネスリールという事で、さっそく2016ジャパンフィッシングショー(横浜)にてチェックしてきました。

その結果、単にマグネット化と言うだけではない、衝撃的な事実が色々と分かってきました。
個人的には、今回のFショー最大の目玉だったように思います。

 

夢屋スプールとは全然違う

ところで、まずはお詫びと訂正からさせて頂きます。
以前、「夢屋15アルデバラン BFSスプールと、16アルデバランBFSは基本構造は同じでは?」という記事を書きました。

・・・が、実機を見てきた結果、かなり違いが大きい事が分かりました。

まずはブランキング(穴開け)からして違います。
夢屋スプールは、軽量化のため写真のように全体に穴が開けられています。

IMG_20160130_093000

一方で、16アルデバランは片側のみ穴開け加工が無い左右非対称のスプールデザインとなっています。
(ちなみにどちらも素材はジュラルミンなので、海水でもOKとの事です)

IMG_20160130_160533

なぜこんな奇抜なことになったかと言うと、「マグネットブレーキを効かせるため」なのだそうです。
つまりこのスプールの内側部分にブレーキユニットが入り込むことによって、マグネットが効くのだというお話でした。

そしてスプールに組まれているベアリングの大きさも違います。
15アルデバランから採用されたサイレントチューン搭載リールには、スプール内にベアリングが組み込まれているのですが、16アルデバランではそのベアリングも小さくなっていたのです。

IMG_20160130_160518

これにより、リールの受け側の径も変更。
ブレーキユニットとスプールを換えれば15アルデバランにも装着できるのではと期待していましたが、残念ながらスプールの互換性は無いと言えると思います。

IMG_20160130_160323
(緑の丸内の部分。スプールのベアリングはまり込むこの穴が、16モデルの方が小さい)

スポンサーリンク

 

孤高のベイトフィネス特化型リール。しかしその重量は驚異の・・・!?

というわけで残念ながら、15アルデバランと16アルデバランBFSの間で、スプールの互換性は全くありませんでした。
ですから15アルデバランで本格的ベイトフィネスをするなら、KTFか夢屋BFSスプールを組むしか無いようです。

そして16アルデバランBFSの場合は、純正シャロースプール以外の選択肢はありません
これは私にとっては結構問題なのですが、時には深溝スプールに換えて普通の釣りにも・・・という使い方は望めません。
そうしたアフターパーツの開発計画も無いようですので、完全なベイトフィネス専用リールという事になるようです。

そんなに特化し過ぎたら使いにくいよ!という意見もあるかと思います。
私も正直そう思ったのですが・・・想像の斜め上を行くスプール重量&新機構を解説されて、正直心がグラグラと揺れています(笑)。

次回はSVSが無くなればこんなに違うのか・・・!という、驚異の軽量スプールについて書いてみたいと思います。

IMG_20160130_093032
(夢屋BFSスプールは、従来型の4ブロックSVS採用)

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ