バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

エレキのウィード絡みを防ぐ2つの方法

琵琶湖のボーターなら、誰もが悩まされる「エレキのウィード絡み」。
あまりに頻発すると、もう釣りどころでは無くなってしまう事も・・・
そんなトラブルを無くすための、安くて簡単な方法をシェアします。

スポンサーリンク

●エレキのウィード絡みを無くすために

琵琶湖など、ウィードレイクでの釣りにつきものの「ウィード絡み」。
エレキに絡んで、動けなくなった経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

sasabamo1
(「PBCバスクラブ」さんHPより)

いちいちエレキを上げて、絡んだウィードを取り除く・・・。
あまり頻繁にやっていると、もはや釣りどころでは無くなってしまいます。
これ、何とかならないものでしょうか・・・?

●王道は「プロップチューン」

エレキのウィード絡み対策としては、ペラ(プロップ)を換えるのが一般的のようです。
モーターガイドだとサファリプロップ、ミンコタならウィードレスウェッジ2というカスタムパーツが用意されています。

wedge01
(岡田商事HPより)

しかしこのプロップチューン、値段が1万円くらいかかります。
ボートによってはスピードが遅くなる事もあるらしく、二の足を踏んでいました。

●「刃物屋さんが作ったウィードカッター」

そこで知人からお勧めされた、「刃物屋さんが作ったウィードカッター」を試してみる事にしました。

スポンサーリンク

IMG_20151008_164533

値段は3000円程度とリーズナブル。
そしてマイナスドライバー1本で、簡単取り付けが可能です。

IMG_20151008_165230

これなら作業に3分も掛かりません。
私はソルトでもエレキを兼用しているので、着脱が簡単なのは非常にありがたいです。
レンタルボートユーザーの方にも、活用して頂けるのではないでしょうか?

●ウィードが本当にスパスパ切れる!

あまりに簡単に取り付けできてしまったため、逆に「本当に効くかな?」と半信半疑でした。
しかし結果は・・・効果抜群!
水面まで伸びたエビモ(かなり固い)の林の上を通過しても、絡んでスタックしないのには驚きました。

ある程度パワーを上げた状態で回す必要はありますが、ウィードマット以外ならよほど大丈夫な気がします。
(パンチングで撃ち抜くようなマットカバーは、さすがに無理です)

安価で着脱簡単・・・しかも適応エレキの幅も広い
ウィード絡みに悩まされている方は、試してみないと損するかもしれませんよ・・・。

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ