バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D]これ無しでリールメンテナンスは危険?ベアリングチェックツールが便利過ぎた件

快適にリールを使い続けるために、避けて通れないオーバーホール。
しかしベアリングの洗浄時に、落としてしまうと致命的・・・!?
メンテナンス時の必須ツールをご紹介します。

スポンサーリンク

 

リールのオーバーホール

皆さんこんにちは、3月半ばなのにまだ初釣りに行けていないKenDです(泣)。
船もそうですが、まだリールがオーバーホールから戻ってきません・・・。

ちなみに、基本的に淡水使用なら2年に1回ソルトで使ったリールは1年に1回オーバーホールするようにしています。

【ソルト使用】13メタニウム分解オーバーホールの結果は・・・!
1シーズン、浜名湖シーバスに使用してきた13メタニウムのオーバーホールを実施しました。 (※浜名湖は塩湖で、ほぼ完全なソルトフ...

これまでは勉強も兼ねて自分で分解していたのですが、今年は普通にシマノに出す事にしました。

OH1-min

(シマノHPより。ちょっとこのキャッチコピーは・・・・)

ちょうどキャンペーンもやっていましたし、手間を考えたら結局その方が安くつくかなと思いまして。

OH(ちなみに今ならまだ間に合います!)

しかし、特にソルトで使った場合は、もっとマメに注油などのちょっとしたメンテナンスが必要に思います。
今回は、そんな時に使える超便利アイテムを紹介したいと思います。

 

ベアリングメンテナンスの決定版!

メンテナンスの中でも重要になる作業が、「ベアリングのクリーニング」ではないかと思います。
ベアリングにブレーキクリーナーを噴射し、回転させながら洗う方法が一般的だと思いますが、問題は固定方法です。
これまではピンセットなどを使ってきたのですが、固定が甘いので洗浄中に飛んで行ってしまったりと、悲惨な事になることもよくありました(泣)。
(それでゴミが混入したりしたら、メンテどころか逆効果ですよね・・・)

そこで専用の工具、「ベアリングチェックツールPRO(ヘッジホッグスタジオ)」を使ってみたところ、これが非常に快適でした。

20151027_d42c1b-min(HEDGEHOG STUDIO HPより)

使い方は、先端部分にベアリングをはめ込むだけ。
ベアリング内径2mm・3mm・4mm・5mm・6mm・7mm・8mm・9mmのサイズに対応しているとの事で、おそらくリール用ベアリングならほぼ全てに対応できるのではないかと思われます。

tomo20151027_4-min

高精度に作られているので、ベアリングをしっかりと保持する事が出来ます。
これによって、ベアリングを取り落とすといったトラブルが無くなり、しっかりと洗浄することが出来ました。
(詳しいやり方は、下の動画を見てみて下さい。これが正しい方法か否かは自身がありませんがw)

 

 

その快適さは、ハッキリ言ってどうして今まで使わなかったのかと思うくらいのレベル。
正直、もはやこれ無しでベアリングのクリーニングをする気にはなれません・・・。
実は裏フィッシングショーの景品としてもらった物なのですが、間違いなく買ってでも使うと思います。

DeeeP STREAM初出展!裏フィッシングショー2016
今年最初のビッグイベント、ジャパンフィッシングショー横浜。 それをさらに楽しみ尽す「裏フィッシングショー2016」に、何とDeeeP STR...

と言うわけで、自分でリールのメンテナンスをされる方には是非試して頂きたいアイテムです。

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 26日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ