バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] ロッド業界を変えるかもしれない、注目の新サービスがスタート!

2016注目の新サービス、「ロッドレンタル」がスタート!
アングラーとロッドの距離を、一気に縮めるこの取り組み。
スペシャルロッド業界に、大きなインパクトを与えるかもしれません・・・

スポンサーリンク

 

注目の新サービス、「ロッドレンタル」スタート!

みなさんこんにちは、KenDです。
一気に春めいてきて、何だか気持ちがソワソワしている今日この頃。
いよいよ本格的に始まる2016シーズン、注目の新サービスが始まるようです。

それは・・・「ロッドのレンタル」。

IMG_5892-e1457504547163-minフィッシュトリップ トオルさんのオフィシャルサイトより)

琵琶湖の南湖東岸に新しく出来る、「fish!」さんというタックルショップが始めるのだそうですが、そのラインナップには正直驚きました。
サイドワインダー始め、何とディヴィジョンロマンメイドと言った、貴重なロッドまでが選択肢に・・・。
目にする機会すら少ないロッドもあり、興味のある方には大チャンスなのではないでしょうか。

12552816_924233497662346_52450873177538502_n

 

ハイエンドロッドの可能性を広げるサービス

ロッドレンタルに関しては何度か触れてきたと思いますが、このサービスには本当に期待しています。
なぜか?というと、特にハイエンドロッドを試す機会を大きく広げてくれると思うからです。

散々書いてきたように、最近はエクスプライドなどスタンダードモデルの進化が凄まじいと思います。

タックル・オブザイヤー3連覇!結局、エクスプライドは何がスゴいのか?
タックル・オブザイヤー2015決定! ロッド部門で快進撃を続ける、シマノ「エクスプライド」。 大人気ロッドの凄さの理由は、一体どこ...

コンバットスティックやテクナなど、ハイエンドロッドも(中古でw)相当使ってきましたが、最近は中級モデルに落ち着いてきています。
ステンレスガイドが少し重いといった事はありますが、実釣性能は十分、というのが正直な本音です。

 

しかし一方で、どうしてもスタンダードモデルではカバーできない、というスペシャルロッドが存在する事も事実だと思います。
例えば私の大好きなジグロッド、ポイズングロリアス1611H+ワイルドスティンガー

キャスト・アクション自由自在!振るだけで楽しいグロリアス「ワイルドスティンガー」
ジグロッドをディープに考える特集、ついに最終回。 辿り着いた結論は、「しなやかで扱いやすい棒ロッド」。 投げる、動かす、掛ける...

「しなやかな棒ロッド」という、なかなか見る事の出来ないコンセプト。
値段の高さがネックなのですが、どうしてもこのロッドでなければ替えが効かない、という自分にとっての腕の延長みたいな竿って、やっぱり存在すると感じます。

その意味で、先日紹介した「ソリッドティップのヘビーロッド」、ヘラクレスFACT/HFAC-70HSTなどはとっっっても気になっているところです。

もはや高級ロッドは必要ないのか?ヘラクレス「FACT」が示す極限の回答
低価格ながら、スペシャルなスペックが揃うゾディアス。 もはや高級ロッドは要らないのか?という疑問に、真っ向から対峙するロッドが...

しかしこの価格帯、自分にとっては「ちょっと試してみよう」で買える範囲を遥かに超えています。
気にはなるけど、手が出ない・・・そうした悩みを抱えるアングラーは、私だけではないはずだと思います。

そんな気になるロッドを買う前に(実釣で)試す事が出来るのであれば、私であればもう泣いて喜びますねw
レンタルサービスは、スペシャルロッドとユーザーの距離を、ぐっと縮めてくれる可能性があると期待しています。
(特にちょっと特殊なスペックだったり、高級モデルには劇的な効果があるのではないでしょうか)

 

メーカーさんとのコラボに期待!

そんなfish!さんのレンタルサービス、これからもっとラインナップが充実してくれたら嬉しいなと思います。
それから価格に関しても、もう少し安かったら本当に嬉しいですね。

rental_imagefish!さんHPより)

いやいや原価を考えたら無理でしょう!っていうのは当然の話だと思います。
そこで、メーカーさんとのタイアップが実現したらどうでしょう?

上にも書いた通り、このサービスは強力な販売促進効果があると思います。
レンタルショップに商品の現物が提供されれば、メーカーさんは売り上げ増が期待できますし、ショップさんのリスクは減少しますし、ユーザーは安く利用できるメリットがあるのではないでしょうか?
まさにWIN-WINなわけで、1回1000円レンタルが実現できれば相当流行るんじゃないかと想像します・・・。
(メーカーの皆様どうでしょう!)

というわけで、期待が高まるロッドのレンタルサービス。
私も気になるモデルがあればぜひ使ってみたいと思いますし、こうした動きがもっと広まって行ったら面白いのでは?と考えています。
う~ん、世の中はどんどん進歩していって楽しいですね!
(個人的には、サイドワインダーとかロードランナーを試してみたいです♪)
 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ