バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] シャロー1本勝負!DeeeP STREAM × KAKEDZUKA琵琶湖ミーティング

KAKEDZUKA.comとのコラボ釣行がついに実現!
亀山フリッパーの目に、琵琶湖はどう映ったのか?
爆発の期待を胸に挑戦した、シャロー1本勝負をお送りします!

スポンサーリンク

琵琶湖で会いましょう!

皆さんこんにちは、KenDです。
先日、KAKEDZUKA DESIGN WORKS代表のカケヅカさんと一緒に、今季2回目の琵琶湖に挑戦してきました。

ブログヘッダー②-1

KAKEDZUKA DESIGN WORKSさんは、カスタムリールパーツ & ボートパーツで有名なメーカーさん。
先日の裏フィッシングショーでお会いして話が盛り上がり、「次は琵琶湖で会いましょう!」と約束した事で実現したコラボです。

DeeeP STREAM初出展!裏フィッシングショー2016
今年最初のビッグイベント、ジャパンフィッシングショー横浜。 それをさらに楽しみ尽す「裏フィッシングショー2016」に、何とDeeeP STR...

JBマスターズプロで、房総チャプターにも参加中の「亀山フリッパー」カケヅカさん。
スペシャリストの目に、今の琵琶湖はどう映るのか???
ドキドキの2日間のドキュメントをお送りします!
 

今春の琵琶湖の傾向

さて当日までの琵琶湖の状況ですが、実はかなり厳しいとの声を多く聞いていました。
2週間前の大潮での爆発が落ち着き、「ミッドスポーン状態に入った」という見方が優勢になっているようでした。

[D] ロクマル乱舞!琵琶湖春爆のXデー到来!?
今週、琵琶湖が大爆発!! ロクマル大連発、まさにお祭り騒ぎのXデー! 早速ヒットルアーなどを押さえてみたいと思います。

しかし個人的には、もっと気になっていたことが事がありました。
それは、「水位の低さ」と、「少ない放水量」の2つです。

暖冬の影響で、降雪の少なかった今シーズン。
雪解け水の流入が少なく、水位がなかなか上がらないのだそうです。
その影響で、水位を保つために放水もストップ。(20t放水)
北湖の冷たい水が入りにくいので、水温はグングン上昇しているといった状況です。

IMG_6531

そうした影響で、個人的な印象としては「シャローが良くない」
水位が低いせいで、浅場に上がっている魚が例年に増して少ないと前回感じました。

そして逆に、順調に水温の上がった水通しの良い沖エリアが好調
相対的に、ディープ優位な傾向にあるではないかと考えていました。
 

雨が呼ぶ爆発の予感

というわけで、ではディープ展開をメインに・・・とはなりませんでした。
なぜなら前日、春の嵐で大雨が降るという激変が起こったからです。
これによって、水位は一気に10㎝近く上昇

2016/4/8(金)
[5:30]曇り/弱風
気温 12度/大潮
水温 瀬田川 15.2
琵琶湖大橋 12.5
安曇川沖 9.9
5点平均水位 +3cm
放水 20t/s

Brushさんより)

そしてそこに大潮のタイミングがかぶる・・・という事で、もはや爆発の予感しかしません(笑)。
「スピニングは置いてきてください。シャローをやり切りましょう」

こうして、せっかくの琵琶湖なので50UPだけ狙っていこう・・・という、期待度MAX状態で現地入りを果たしたのです。。。
 

濁り+水温上昇。しかし流れは・・・?

当日、まずは流入河川絡みのシャローエリアからスタート。
水温は、15℃から高い所では17℃台(!)
思惑通りかなりの濁りが入り、もはやクランクで釣れる気しかしません。

20160408_091109

各所をハイスピードでランガンしていくと、
「巻き物師ってこんなに釣りのテンポが早いの???」と、カケヅカさんから驚きのコメントが。
全く異なるスタイルのアングラーとの釣行は、あらゆる点が異なっていて非常に新鮮でした。

IMG_20160326_132626

もちろんカケヅカさんの本領発揮!のカバー撃ちも織り交ぜ、琵琶湖らしいパンチングの釣りも。

20160408_080144

今度は逆に、「フリップってこんなに接近するんですか!?」と私が衝撃を受けますw
同じバスフィッシングなのに、見る人によってこんなにも切り口は違うのか・・・という事を改めて思い知らされました。

IMG_6525

しかし、巻けども撃てどもなかなか反応は返ってきません。
ようやく私に、ラバージグ(KEITECHモデルⅠ11g)+フラッピンホグで45弱くらいの魚がヒット。

20160408_104937

 

けれどもなぜか期待した流れがほとんど無く(すでに流れ切った???)、シャローにはベイトの生命感も感じられないままでした。

さすがにこれはマズいという事で、西岸ミドルレンジも触りに行きます。
ワンテン+1レーシングで45クラスをキャッチするも、なかなか反応が続かず・・・。

20160408_134637

シャロー爆発の期待は完全に崩れ去り、厳しい現実が我々の前に立ちはだかりました。
何とかナイスフィッシュを手にしてもらうには、一体どうアジャストしたら良いのか???
想定外のピンチに追い込まれたまま、初日の太陽は落ちました。

果たして大どんでん返しはあるのでしょうか!?
最終日のDay2へ続きます・・・

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ