バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] シャローでディープフィッシュを追え!?”にわか”フリッパー奮闘記

ビッグフィッシュが乱舞する、秋のシャローカバーゲーム。
大爆発の意外なキモは、何と“ディープフィッシュ”にあった!?
夢と現実、歓喜と挫折・・・にわかフリッパーの奮闘をご覧下さい!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

俺は”シャロー道”になる!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今回は、先日参加してきたBATNET(バットネット)第2戦について書いてみたいと思います。
今大会のテーマは・・・「俺は今日、シャロー道になる!!」・・・でした(笑)。

(「シャロー道」のHidekiさん、ネタに使ってすみませんwww)

まあ冗談は置いておいて、プラでは沖の4mラインとシャローを交互にチェックしていました。
当初はパンチショット・マスターの冨本プロに教えて頂いた、沖のカナダ藻ドーム撃ちをメインに考えていたのですが・・・。

季節の進行とともにだいぶコカナダモが抜けてきて、急速にこの釣りがパワーダウン。
ウィードの高さが残る一部のピンスポットでは良いサイズが出たものの、5本揃えるのは難しい感じになってきてしまったのです。

3kg近くありました。これが入れば魅力的なのですが・・・いかんせんバイトが遠かったです)

 

ディープなシャローフィッシング

そこでチェックしたのが、水深1m以浅のシャローエリアでした。
例年この時期は、ターンオーバーで沖の水質が悪化して魚がシャローに入る・・・と言われますが、正直そこまで沖の水が悪いとは感じていませんでした。
しかし単純に夏場の高水温の”縛り”から解き放たれて、ベイトを求めてシャローを回遊するスクーリングフィッシュがいるのでは・・・と考えたのです。

こうして各所でバイトを得る事が出来、シャローのポテンシャルの高さを実感。
特に赤野井湾の一角では、狭い範囲で50~55cmクラスの連発を経験する事になりました。
そしてここでチェックしたのは、釣れたバスの体色

上のバスは去年パンチングで釣れたロクマルですが、まっ黒な色をしているシャローフィッシュと思われます。
しかし今回釣れたバスは、みんな色が薄くて綺麗な個体
これはつまり、もともとディープに居た個体がシャローに入ってきたのではないかと考えたのです。

そしてこの手のスクーリングフィッシュが入って来る時は、シャローが爆発するタイミングになる・・・。
そう感じていた事から、にわかフリッパーの私でも場所さえ押さえれば大釣りできるかもしれないと思ったわけです。
こうしてシャローでディープフィッシュを追う、私のプランが決まりました。

 

モンスターサイズと詰めの甘さ

2017/9/24(日)
[5:30]薄曇り/微風
気温 17/中潮
水温 瀬田川 23.4
琵琶湖大橋 23.5
安曇川沖 22.2
5点平均水位 -26
洗堰放流 50

そして迎えた試合本番。
秋晴れでやや冷え込んだ朝、最初だけはパンチショットで沖のピンをチェック。
しかし予想通り(?)のノーバイト・・・残りを全てシャローに掛ける事を決意します。
どシャローのヒシモエリアに入り、1.5ozのビフテキをとにかくフリップ&フリップ!!

(ワームはピットボスがお気に入りです。。。)

そして確信の一角に入った時、ついにドラマはおきました。
ピットボスを咥えて「ずい」と引き込んだ巨大魚の正体は・・・
何と64cm3950gのモンスターフィッシュだったのです!!

スポンサーリンク

「これは、勝てるかもしれない・・・」
そんな気持ちを抑えながら撃ち始めると、またしても「ぬっ」と重いバイト!
ビッグフィッシュ乱舞の連発劇、開幕か!?と思ったその瞬間、しかし私は信じられないものを目にします。

PEラインが、ガイドに絡んでる!!!

・・・え、どうするどうする!?とマゴマゴする間に、中途半端に引っ張ってしまいフックオフ・・・。
貴重なビッグバイトを凡ミスで逃したショックで、自分でも分かるほど心拍数が上がります。
何とかフリップ再開すると、今度はヒシモに乗ったリグを揺すって落とした瞬間、「ずいっ」とひったくりバイト!
そしてこれを、何と痛恨のビックリ合わせでスッポ抜け・・・!!
思わず天を仰ぐと、秋晴れの空の青さが痛いほど目に沁みました。。。

その後はバイトが途絶えたため、下物や北山田、カネカなど、各所のシャローをランガンしてキロアップを2本追加。
3本のみでのウェイインで、トータル6030gで9位
結局今回も、リミットを揃える事すら出来ませんでした・・・。
 

今回、おそらくビッグフィッシュを探し当てる“場所”選びは間違っていなかった。
そして水温上昇を見計らって入った“タイミング”も、たぶん合っていたのではないかと思います。
しかしいかんせん、にわかフリッパーのアプローチの甘さがモロに露呈してしまった・・・。

(BATNET HPより)

優勝したエキスパート・シャローマンのホームズ選手は、何と同様のフリッピングで12バイト8フィッシュ!!
トータル9410gというウェイトの数字以上に、そこには圧倒的な実力差がある事を痛感させられました。
猛烈に悔しい事は悔しいのですが、ある意味で実力通りの「順当な」結果だったと言えるのかもしれません。

(BATNET HPより)

とはいえシャローマンの活躍が目立った今大会、あらためてシャローの爆発力の高さを実感する事が出来ました。
これを機に、もっと自分もフリッピングをやり込まなければ・・・と決意を新たにした次第です。
というわけで一緒に修行に付き合ってくれるフリッパーの方、大募集中です(笑)!!

(金曜に琵琶湖行こうかな・・・。ちなみに“ブラックビーンズ“、良いですよ!)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 10日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ