バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[スマホで見る魚探] タブレット架台”プロト”完成!

日進月歩で、釣りの形を変えていく高価なハイテク魚探。
何とか安価にシステムを組むべく、タブレット用架台を開発!
“魚探をスマホで見る時代”へ向けて、プロト品の完成です。。。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

魚探はタブレットで見る時代?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて以前書いたように、今私が使っているガーミンなど一部の魚探は、スマホ&タブレットと無線で繋げる事が出来ます。
(LOWRANCEのエリートシリーズなどもWifiでコネクト出来るようです)
そこでKAKEDZUKA.comさんと共同で、“タブレット用架台”を開発している事をお伝えいたしました。

(表示だけでなく、操作まで出来てしまう優れものです。。。)

今回はその進捗状況について、少し書いてみたいと思います。

 

プロト品、完成!

というわけで本プロジェクトでは、なるべく安価で大画面なタブレットを・・・と言う事で、Huaweiの10.1型 タブレット“MediaPad T2 10.0 Pro”を採用。
(実売2万円程度)

これを、I-O DATA製のタブレット用防水ケース”IS-WPC/LLに入れて使用する事としました。
ケースは少々大きめですが、なるべく汎用性をもたせて各社の10インチクラス・タブレットで使えるようにするため、このモデルを採用した次第です。

この方式でプロト品が完成し、現在テストを重ねている段階です。

スポンサーリンク

 

セッティング法

さてそのセッティング法ですが、まずは防水ケースにタブレット本体を入れます。

この時、厚め(30mm)の低反発クッションとともに入れてから、少し後ろから押してスポンジを潰します。
そして少し空気が抜けた位でケースのロックを閉じると、本体とスポンジが上手く密着。

この状態でタブレット架台にケースを挿入すると、タブレットがケースの中で「浮いた」ような感じになります。

また、入れた後に低反発スポンジが適度に膨らんでくるので、架台の中でケースがずれる事もありません。
(逆に言えば、ずれない位に膨らむ程度にスポンジを潰すのがミソです)


(ちなみに取り付けは、ジョニーレイ式やRAMマウントなど、色々なものに対応できるようにして頂いています)

これによってだいぶ衝撃が緩和されるようで、半年ほどテストしてきましたがまだ本体の故障はありません。
また防水性もほぼ完ぺきで、水に浸けても浸水は確認されていない状態です。

ただし直射日光下では防水ケースの表面が光って見にくいため、プラスチック段ボールで庇を作成。
ちょっと見た目がブサイクですが、太陽の角度によってはだいぶ見やすさが違います。
ちなみに固定は左右2か所をマジックテープ留めとしていますが、65km/hまでのテストではまだ脱落していません。

というわけで段々と形になってきたタブレット架台ですが、なかなかに難しい課題も残されています。
読者の皆様のアドバイスも頂ければと思っておりますので、次回はそれについて書いてみたいと思います。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • 梶田忠男
    • 2017年 9月 29日

    KenDさま
    こんにちは
    初めてコメントさせていただきます。
    琵琶湖メインで釣りしております。kajiyanと申します。
    このブログの影響もありこの春にHDSからKenD様と全く同じシステムに入れ替えをいたしました。
    タブレットはauのキュアタブを使用しておりRAM架台でコンソールで使っております。
    やはり10インチをバウで使用したく新しい架台に関しては大変興味深く見せてもらっています。
    タブレットを魚探に使用する上で見やすさはどうでしょう?
    晴天で濃い偏光サングラスをかけた時ほとんど見えなくなりますがそのようなことはありませんか?
    対処法とかありましたらご教授いただければ幸いです

    • 初コメントありがとうございます!
      バウで使用する際、やはりタブレットの画面が見辛くのなるのは今のところ避けられておりません。
      その原因は防水ケースの表面が光を反射してしまうからなのですが、詳しくは近日中にUPしたいと思います。
      結論としてのお勧めは、バウに本体+コンソール側にタブレットの組み合わせになります・・・残念ですが(;´Д`)

        • 梶田忠男
        • 2017年 9月 30日

        ご返答ありがとうございます。
        タブレットを魚探に!
        なかなか難しい面もありますよね。
        偏光とタブレットの相性はどうですか?
        光の具合によっては全くと言っていいぐらい見えない時があるんですけど

        ガーミンはクイックドローに惹かれて購入したところもあるんですが魚探自体の性能に驚いています。

        試行錯誤の途中なんでまたコメントさせていただきます。
        ありがとうございました

        • 正直、偏光とタブレットの相性はあまり良いとは言えないと思います。
          やはり純正の魚探というのはよく考えて作られているなと。。。
          問題は使用上の情報が乏しい点ですが、使い込んで少しづつ情報をシェアしていきたいと思います!
          また情報交換よろしくお願いいたします< (_ _)>

  1. 2017年 10月 05日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ