バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ジャークベイトは”チャート”が釣れる!?

ジャークベイトのカラーと言えば、何と言ってもリアル系?
しかしチャート、時にはブラックが効く事も・・・。
決して”小魚のイミテート”ではない、その本質を考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

赤のジャークベイトは不人気!?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さていよいよ春も本番となり、景気の良い釣果報告が続々聞かれるようになってきました。
もっと私も、大好きなジャークベイトの釣りで春を満喫したいところです。

ところで以前、長良川でジャークベイトで釣った記事を公開しました。
それについて色々とコメントを頂いたのですが、非常に意外だった事が1つありました。
それは「赤いジャークベイトって、釣れるんですね!」・・・と驚かれる方が多かった事でした。


この時期大好きな“クリアレッド”が、どうも不人気で廃盤らしいというお話を書きましたが・・・。
どうもジャークベイトは、リアル系カラーの方が良いと思っている方が多い様なのです。
というわけで今回はジャークベイトのカラーセレクトと、アクションの要素について考えてみたいと思います。

(確かにジャークベイトと言うと、アユとかオイカワとかが定番な気もします。。。)

 

ジャークベイトは”細長い小魚”なのか?

さて色々と頂いたコメントを見せて頂いて、ある一つの事に気付きました。
それは、ジャークベイトはアユやワカサギなど“細長いベイトフィッシュ”をイミテートしたルアーだと考える方が多いという事です。

確かに見た目から言えばその通りなのですが、外見だけでは語れないのがルアーの面白いところ・・・。
実際の話、ジャークベイトはギルにもなればエビにすらなり得ると個人的には考えています。

私がこう考えるようになったきっかけは、琵琶湖の王道テクである「フローティングミノーの浮き浮きパターン」
ウィードトップから浮いて、水面のエサをついばむギルをイミテートする釣りなのですが・・・。
これをジャークベイトを用いて表現するあたり、魚にはそんなに細かい外見上の違いは関係ないのだろうなぁと感じた次第です。

(同じ状況で、クランクを用いて釣ることも可能です。大事なのは“浮く”という動きにあるのかなと)

 

ジャークベイトのキーは”フラッシング”だけではない

それからジャークベイトの性能を語る時、“フラッシング”の重要性が強調される事が多いように思います。
ですからフラットな側面を持ち、フラッシング効果の高いクローム系のカラーが良い・・・的な考え方もあり得るでしょう。
しかし個人的な経験としては、チャートなど光らないカラーでも普通に釣れると感じているのです。

ジャークベイトと言うと、フラッシングによる「視覚効果」で釣るルアーと言う認識が一般的ではないかと思います。
もちろんそれは間違いないと思うのですが、ジャークベイトであっても「水押し」は重要な要素なのではないかと個人的に考えています。
ワンテンの話の時にも書きましたが、“水を切る”ダート“水を押す”ダートの2種類があると思うのですが・・・。
特にワンテンのように水を押す要素の強いジャークベイトであれば、軽視できない要素になるのではないでしょうか。

(だからフラッシングの弱いカラーでも釣れるのではないかと・・・)

さらに言えば、これは最近ハマりかけている”ログ”の釣りでも感じるものがありました。
現代的なルアーの解釈で言えば、ログのフラッシングが強いと言う事は考え辛いでしょう。
そうであればログが釣れる要素と言うのは、独特な下方向へのダートが生み出す水の押し方にある・・・と考える方が自然ではないかと思うのです。

というわけで、最後は非常~に個人的な解釈になってしまいましたが・・・。
ジャークベイトは小魚のイミテーションでも無ければ、フラッシングで釣るだけのルアーでも無いと考えている次第です。
ともあれ赤やチャート、黒のジャークベイトが良く釣れる事は間違いないと思いますので、ぜひ一度試して頂きたいと思います。

(ちなみに色の選び方は他のルアーと同じ考え方で、比較的濁っている時にこれらのカラーの出番があると思います)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ