バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 今さら気付く”バックスライド系ノーシンカー”の破壊力

速い動きのルアーを、激しく嫌うアフター時期。
難しい5月の鍵は”ノーシンカー”にあり!?
スローな釣りをテンポよくこなす、バックスライドの威力をシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

アフターをシャローで攻略するには

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
全国的にスローな魚が多いと思われる、このところのアフター時期。
巻き物好きとして、個人的には非常に苦手としているシーズンです。

早く水面に反応してくれるようにならないかなぁというのが本音なのですが(苦笑)、無い物ねだりをしていても進歩がありません。
というわけで先日のフリーリグなど、色々なリグに挑戦している次第です。

しかしフリーリグは「やや深めの場所にスピーディにふわっと落とす」のが得意ですが、浅過ぎると良さが生きません。
例えばアシ際の水深30~40cmといったエリアでは、シンカーが充分にワームから離れる前に着底してしまう事でしょう。
というわけで今回は、シャローをゆっくり攻めるためのバックスライド系ノーシンカーについて書いてみたいと思います。

 

“ゆっくりフワッと落とせる”ジグ!?

ところで巻き物好きな私ですが、一方でジグも大好きです。
特にカバーにジグを撃っていくなんて、楽し過ぎて一日中フリップしていられます。
しかしこの時期に普通のジグ(3/8~1/2ozくらい)を撃って感じるのは、「本っっっ当に喰わない」という冷酷な現実です(苦笑)。

そこで去年あたりから使い始めたのが、「バックスライド系」というジャンル。
自重のあるバルキーなワームを、太軸フックのノーシンカーにセットします。
するとフワッと落ちながら、カバーの奥に潜り込んでいってくれるというわけです。

(このジャンルの大定番が、ゲーリーの「ファットイカ」ですよね)

そしてここで一番大切なのは、フワッと落ちるという点ではないかと思います。
どうしてもバックスライドするという特徴に目がいきがちですが、重要なのはまずノーシンカーであるという事ではないかと・・・。
つまり極論すれば全くバックスライドしなくても、ストンと落ちるジグには反応させられないタイプのバスに口を使わせられると思うのです。

 

抜群のキャスタビリティと使いやすさ

しかし食わせの能力だけで言えば、普通のノーシンカーで充分という声ももちろんあるでしょう。
例えば世界共通(?)の大定番、“センコーのノーシンカー”などは確かに非常によく釣れると思います。

けれどもセンコーのノーシンカーをフリップしていくとなると、多少なりとも投げにくさが伴う事と思います。
5~6インチならまだしも、4インチだとベイトフィネス用のスプールが欲しくなってくるのではないでしょうか。
ところがバックスライド系ワームには自重がズッシリある物が多く、ほとんど普通のジグのように投げられてしまうのです。

(たとえば真ん中のソルティ・コアチューブなら、何と自重が14g、右のカバークローは16gもあります!)

ですから向かい風が強くても使いやすいですし、ロングピッチも容易。
クリアアップしたシャローで、距離を取りたい時などに重宝します。
あとはスキッピングなどのテクニカルキャストが、ジグ感覚で出来るのも大きな魅力です。

 
またテトラや石積みなどのロックエリアでも、ジグやテキサスのようにヘッドが挟まりにくいのも大きなメリット。
攻略しにくいややこしいカバーでも、スイスイ抜けてくるので気持ち良いの一言です。
というわけで「投げやすくて引っ掛かりにくい」、ジグ感覚で使える非常に使いやすいノーシンカーと言えると思います。

(ただし、テトラはアワセ切れには注意です・・・汗)

 

もちろんバックスライドのメリットも

そしてもちろん、バックスライドする事によるメリットもあります。
例えばアシのえぐれなど、上からルアーを落とせない窪みに魚が入り込んでいる事は良くあります。
こうしたシェード内にぐいぐいと侵入させられるのは、まさにバックスライドならではの利点と言えるでしょう。

他にも倒れ込んだアシの影など、普通のキャストでは入れにくいカバーというのは実は結構あると思います。
そうしたポイントに対して、イージーに、かつサイレントにアプローチできる利点は見逃せません。
シャローのカバーを攻める事が多い方には、ぜひお勧めしたい便利なソフトベイトです。

 
というわけでこれから、おすすめのワームやセッティングなどについて何回かに分けて書いていきたいと思います。。。
(もちろん定番はファットイカ!)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • ニゴイ3号
    • 2018年 5月 24日

    今日自分もちょうどバックスライド系買ってきました!
    ジャッカルのカバースライド3㌅とドライブスティック3.5㌅用にストレートフック2/0です!

    • 一口サイズで釣れそうですね(●´ω`●)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ