バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] PEライン界の野心作、”ピットブル”のアキレス腱

王者シマノから、新PEピットブルがデビュー!
衝撃の低価格で、何と4/8/12本撚りのフルラインナップ!!
PE界征服(?)を目指す、野心作を速攻レビューします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

PE界征服を目指す(?)野心作

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
毎週土曜はソルト(絡み)の日・・・という事で、今回は久しぶりにPEラインのお話。
シマノから満を持して発売された期待のNEWライン、ピットブルについてお伝えします。

さてこのピットブルには、釣り業界の巨人・シマノの野望をビシビシと感じます。
何と4・8・12本撚りの3種類を取りそろえた、驚きのフルラインナップ
しかも実売価格はほぼ最安水準という、衝撃的なニューカマーが登場したのです。

(シマノさんの、PEライン界をも征服する野心を感じますね。。。)

バス用の高比重PEラインはオードラゴンを使っていますが、ソルトで0.6号はあまりにもプチプチ切れ過ぎてしまうため・・・。
シーバス&チヌ用には、結構前からG-soulアップグレードX8-0.6号が最高だと感じて使い続けています。
というわけで、PITBULLはアップグレードX8を超えたのか!?
浜名湖オープントーナメントを通じて、ガチで使い込んで来たインプレッションをシェアしてみたいと思います。

 

最大の違いは”伸びにくい”こと

(YGKよつあみHPより)

さて私がテストしたのは、真ん中となる8本撚りの0.6号-14.5lb。
まず一番最初に大事な事として、ピットブルはちゃんと細くて、ちゃんと強いラインでした。
一体どういう事!?と思われるかもしれませんが、実はPEラインの号数表示は結構いい加減なのが実情。
表示は0.6号なのに、他社の0.8号くらい太い・・・なんて事は日常茶飯事だと思います。

その意味でYGKよつあみのPEラインは、きちんと規格が守られていて非常にありがたい存在でした。
しかしこのピットブルも太さ的に同程度で、強度もほぼ変わらない数値が出ています。
しなやかさやライン滑りも良好で、この辺りはほとんど互角の性能が出ていると感じた次第です。

オススメPEライン!

けれども、両者には決定的に違う点が1つありました。
それが“ラインの伸度”で、8本撚りとしてピットブルは明らかに伸びにくいと思えました。
なお、「え、PEって伸びないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ナイロンやフロロより断然伸びにくいですが決して伸びないわけではありません。
しかも一般的に、4→8→12の順番で撚り数が多くなるほど伸びやすい傾向がある事も付け加えておきたいと思います。

(シマノHPより。なので、この↑表記って逆じゃないの???と思うのですが、VT工法とかいう新製法の影響なのでしょうか。。。)

しかしここで注意して頂きたいのは、決して「伸びにくい=良いライン」とは限らないという事です。
PEラインはあまりにも伸びにくいため、ノリの悪さやバラシやすさに繋がりやすい傾向があると思います。
ですから個人的には、少なくとも“巻く”釣りに使うPEラインは出来るだけ伸びやすい方が良いと感じている次第です。

(深場のジギングとかの場合は、低伸度の方がありがたいのですが・・・)

 

耐久性はあと一歩?

そしてもう1つ気付いた大きな違いとしては、ピットブル8の方がやや毛羽立ちやすいと思います。
浜名湖で10釣行程度使用して、特にカバーに擦った訳ではないのですが下の写真の通り。
とはいえアップグレードX8はかなり毛羽立ちにくい方だと思うので、まあ標準的というべきかもしれません。

それからもう1つ気になったのが、瞬発的な入力に耐える粘り強さ(?)の無さです。
たとえばキャスト時に出来たエアノット(結びコブ)を引っ張ってほどく時、最後にピッと引っ張るとパツンと切れやすいような印象。
これは上に書いた伸びやすさが関わってくるのかもしれませんが、アップグレードX8の感覚からすると意外とあっけない気がします。

(キャスト時にガイドに絡むとそのままパツンと投げ切れしやすいような・・・ちなみに画像は違うラインです)

PEラインはいつの間にか目に見えない傷が入っていたりして、フッキング時にあっさりと高切れしてしまう事がありますが・・・。
新品時の数値上の強度は確かに出ていても、そういった実釣時での耐久性がやや気になったのが正直なところでした。

 
という事で、満を持してのフルラインナップで登場した新PE、ピットブル
まだ8本撚りの0.6号を試しただけですが、正直アップグレードX8を超えた!とまでは言えないかなというのが私見です。
もちろん相当に優秀なPEだとは思いますが、多少お買い得な点を差し引いても、個人的にメインPEの座を譲り渡すまでには至らないと感じました。

ただし一説によると、実はさらにコスパの高い4本撚りの方が良いという情報も・・・。
しかも下手なフロロよりも安いので、これを頻繁に巻き替えるという手は確かにアリかもしれません。
というわけで今度は、ピットブル4も試してみたいと考えている次第です。
(この安さ↓、ちょっと衝撃的じゃないですか???)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ