バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] オールソリッドの限界

理想的なテーパーと、潰れの無い強靭なブランク。
良いことづくめのオールソリッドにも、決定的な弱点が?
スタンダードになれなかった、夢のブランクのアキレス腱を考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

絶対的な「重さ」の足かせ

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
以前3部作でお送りした、「オールソリッド・ロッド」特集。
マニアックな内容にも関わらず、たくさんのコメントをお寄せ頂きありがとうございました。
今回はオマケ(?)として、もう1つ付け足しを書いてみたいと思います。

さて段の無いスムーズなテーパーと、潰れに強いブランク驚異的なリフティング性能を発揮する(と考えられる)フルソリッド。
これが本当に合っているとしたら、このロッド構造は最強なのではないか?という気さえしてきます。

そこで私を始め多くの方が考えるのは、「もっとロング&ヘビーなオールソリッドを試してみたい」ということでは無いでしょうか。
現在市販されているロッドは6ft前後のUL~Lパワーあたりが主流で、バリエーションが少ないからです。
しかしこれには理由があって、実はこれ以上のレングス&パワーのフルソリッドロッドを作るのは困難なのだそうです。

MEGABASS BLOGより。霧雨フルソリッドF3-511XKS・Sが一番硬いくらいでしょうか???)

理由はズバリ「重量」で、中身がぎっしり詰まっているフルソリッドはチューブラーよりも遥かに重くなってしまいます。
ですから物理的に6.6ft・Mパワーのフルソリッドを作る事が出来たとしても、重過ぎてもはや扱いきれない竿になってしまうのだとか。
琵琶湖のロングカーリー用に7ft弱くらいのが欲しいなぁと思った事があるのですが、オールソリッドロッドを作った事のあるプロ曰く「そんなの全然無理」なレベルで重くなってしまうのだそうです。

(この釣りってライトなリグを扱う割に、キツいエビモとかから抜いてこないといけないんですよね・・・)

もちろん私自身はそんなプロトを触ってみた事は無いのですが、“ベイトフィネス・プラッギングファニー”を使ってみただけでも何となく想像はつきます。
たった6ftしかない割に、このズッシリとした重みは一体何なんだ・・・と違和感すら覚える重量感。
確かにこれ以上長くなったら、使ってられないだろうなと素直に思えます。

 

フッキングパワーの盲点

そしてもう1つの弱点と言えるのが、フッキングパワーの弱さではないでしょうか。
これは「よく曲がる」と言われるロッド全般に言える事でしょうが、フッキング時にブランクがショックを吸収してしまいます。
ですから瞬発的なパワーが伝わりづらく、フックが刺さり切らない事が増える可能性が考えられます。

(素早いフッキングを好むアングラーには、あえて「段」のあるテーパーが人気だったりしますよね。。。。)

ただしこの点に関しては、個人的にはあまりデメリットと感じていません。
なぜなら最近、フッキングはもう巻き合わせで良いのではないか?と考えているからでして・・・。
ロッドのフッキングパワーも無関係ではありませんが、かなりの部分をリーリングによって補えるように感じているからです。

というわけで理想的なアクションを実現しながらも、「ウェイト」という重い足かせを背負ったオールソリッド。
明らかにチューブラーには出せない使用感を出せるこの素材で、もっと色々な番手が作れたらと残念ですが・・・。
実はチューブラーでありながら、オールソリッドに近いフィーリングが出ているのでは?と感じるロッドに出会いました。
次回はその不思議な一本について書いてみたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • 774
    • 2018年 8月 30日

    糞高いですがエバーグリーンから出てるインスピラーレのグランドコブラが
    チューブラーですが100%T1100Gでレギュラーテーパーなので曲がるのに強い強いのに曲がる
    だけど軽いと言う不思議なロッドになってます
    45°30°の補強なければもっとダル目のソリッドに近い感じになってたんじゃないかなと思います
    クソ高いのとIKロゴがダサいですがw

    • 情報ありがとうございます!
      強いし曲がるししかも軽いとなれば、まさに最強ですね!
      ・・・と思って値段を調べてみて、驚愕しましたΣ(゚Д゚)!!

    • GⅡスプーン
    • 2018年 8月 31日

    ずーっと昔には、ダイワのハートランドZで、ランドレイダーという1ozまで使えるフルソリッドの竿があったみたいですね。6フィート4インチの竿の竿らしいですが、昔に作れたんですから、その程度の長さなら今でも十分作れるでしょう。
    ただ、実釣能力は、総合的にはチュウブラーにはかなわないんでしょう。また、そんな変わった竿は売れないでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ