バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[保存版] 衝撃のスタミナ!!リチウムバッテリー・容量選びのまとめ

圧倒的なエネルギー密度を誇る、リチウムイオンバッテリー
何と耐久テストでは、無充電で4日目突入!?
驚異のスタミナの全貌と、その選び方をまとめます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

リチウムバッテリーの実力を明かせ!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
Aliexpressで何と約5万円で買った、中華製の格安リチウムイオンバッテリー
無事届いたは良いものの、本当にちゃんと動くのか???
不安MAXでセッティングし、いよいよ実使用テストを開始しました。

ここでまずテストの条件を書いておきますと、

バッテリー:“CODD POWER”製24V-60Ahリチウムバッテリー
ボート:14ft-60馬力クラスのFRP艇(サウザー450・イーグル155といった牽引免許不要クラス)
エレキ:ミンコタ・ウルトレックス24V-80lb
実釣時間:一回あたり約8時間
フィールド:琵琶湖

・・・といったところ。
注意点としては一日の実釣時間が約8時間と、少し短め(?)だというあたりでしょうか。
使い方は普通にエレキで流しながら(ダイヤル30~50くらい)、ピンではスポットロックで止めるといったところ。
また100mくらいの小移動ではエンジンをかけず、エレキの出力MAXで通り過ぎています。
そこまで爆風の日には当たらなかったのですが、まずまずバッテリーの負荷は大きめなのではないでしょうか。

(そもそもウルトレックスという時点で消費電力大きいですもんね・・・)

それでもう結論から書いてしまいますと、この条件で完全に丸三日間使えました
4日目も朝から全てが正常に動作し、出力低下など微塵も感じられなかったのですが。。。
開始1時間後くらいに突然プツンと電源が落ち、「リチウムは突然バッテリー切れが訪れる」という前評判の確かさを実感した次第です。

ちなみに私の船の場合、一般的なボイジャーのM27MF×2個だと新品でもギリギリ2日間もつかもたないか位です。
ですから大まかに言って、この24V-60Ahは約1.5倍以上の実使用容量を持っていると言えるでしょう。
正直きちんと使えるか物凄く不安でしたが、結果的には十分過ぎるくらいのキャパシティがある事が分かったのです。

 

バッテリー容量の基礎知識

それではここで、リチウムバッテリーの容量の選び方について考えてみたいと思います。
まず前提となる基礎知識として、バッテリーの容量を表す単位として一般にAh(アンペアアワー)が用いられるようです。
これは電流と使用時間の積算値で、例えば100Ahなら10A×10h、つまり10アンペアで10時間使える容量が蓄えられているという意味だそうです。

(batterybank.jpより)

アンペアアワーとワットアワーの違いは何ですか?

しかしこれはあくまでも理論上の数値であって、実際には使っているうちに電圧が下がるのでこの容量を100%使い切る事は出来ません。
しかも鉛蓄電池とリチウムバッテリーでは電圧降下の仕方が違うので、実際にどれだけの時間使えるかはAhだけでは分からないのです。
具体的に言うとリチウムは容量が減っても電圧が下がりにくいので、もし同じ容量なら鉛よりはるかに長時間使用できるのだそうです。

ナチュラルスカイネットワークさんより)

 
何だかよく分からないという方もいらっしゃるでしょうが、とりあえずアングラーとしては次のことだけを気にしておけば良いかもしれません。
例えば12V-50Ah24V-50Ahのリチウムバッテリーがある場合、両者の容量は同じではありません
より厳密に(?)容量を表すにはAhではなくWhを用いるようなのですが、ここで思い出してほしいのがW(電力)=A(電流)×V(電圧)という公式。
つまり12V-50Ahのバッテリーなら12×50=600Wh、24V-50Ahなら24×50=1200Wh2倍の容量差があるという事なのです。

(batterybank.jpより。とにかく、同じ50Ahでも12Vと24Vと36Vでは容量が違うという事です!!)

ただしこれについても、容量の差が使用可能時間の差に直結するわけではないでしょう。
つまり24V-50Ahのバッテリーなら、12V-50Ahの2倍の時間使えると安易に考える事は出来ないわけです。
ただしもし24V-50Aで十分と判断している場合、12Vならば大まかに12V-100Ahが同じくらいの容量の目安になるというくらいは言えるのではないでしょうか。
(とはいえ電気関係は全くの素人ですので、間違いがありましたらご指摘頂ければ幸いです。。。)

 

実際の選び方

という訳でリチウムバッテリーの容量選びの結論としては、残念ながら「実際に使ってみないと分からない」というのが本当のところでしょう。
とはいえ個人がいくつもバッテリーを買って使い比べるのは現実的では無いと思いますので、今回のテストを元に大体の目安を考えてみたいと思います。
ごくアバウトな数値だという事をご納得の上で、一応の参考にして頂ければ幸いです。

さてまず私の船のような牽引免許不要の最大クラス(サウザー450とかイーグル155クラス)で、ウルトレックス装備なら24V-60Ahくらいでちょうど良いでしょう。
たぶん24V-40Ahでも足りない事は無いと思いますが、将来的な電池の劣化等を考えるとこれくらいの方が安心な気がします。
ただし非ウルトレックスだったりする場合は、あえて60Ahを選ぶ必要は無いかもしれません。

(Aliexpressより)

ですから12-14ftクラスのアルミボートであれば、たとえウルトレックスだったとしても24V-40Ahくらいで十分でしょう。
一般的には30Ahでも大丈夫なくらいだと思いますが、このくらいになってくると30でも40でもあまり価格差が無くなってきます。
重さもさほど変わらないので、どうせなら大きめを買っておいた方が良いかもしれません。

(Aliexpressより)

一方ウルトレックス装備のフルサイズバスボートになってくると、24V-60Ahでは不安な場面もあるかもしれません。
ですから1つ大きめの24V-80Ahか、思い切って24V-100Ah位を導入した方が安心なように思えます。
(36Vであれば60Ahくらい?)
ただしta-toさんのプーマ(フォルトレックス装備)は36V-40Ahで十分だったとの事ですので、ウルトレックスでなければこれくらいのクラスでちょうど良いのかもしれません。

(Aliexpressより)

[エレキ用]中国製36Vリチウムイオンバッテリーをついに導入

一方でレンタルボートなどのエレキ艇の場合は、さらに大容量が必要になってくるかもしれません。
Mr.Nobiteさんが亀山でテストした際、ハイスピードで回りまくると24V-60Ahでは丸1日もたなかった模様。
安全マージンも考えておくと、24V-100Ahくらいを選んでおいた方が安心ではないでしょうか。

(Aliexpressより)

3月に亀山ダムで使用した際、水産センターから出船し、笹川最上流→折木沢最上流→医院下→猪川→医院下→藤林とわりとハイスピードで回ってしまった結果…午後14時にバッテリ切れを起こしました。

(「釣りリアルを求めて」より)

【リチビー2019年モデル】軽い・速い!実際どうなの?注目のリチウムイオンバッテリーを3ヶ月使ってみて感じた事

 

想像以上のスタミナ。時代はリチウム一択か?

というわけで想像以上のスタミナを発揮してくれた、24V-60Ahの中国製リチウムバッテリー。
このタフさは嬉しい誤算と言え、ボートバッテリー界に大きな地殻変動をもたらす事は間違いないでしょう。
しかしリチウムがパーフェクトかというと、実はそうではなく・・・。
次回からは残された懸念と解決法についてシェアしてみたいと思います。

(ただし、オプティマからも凄いのが出るらしいですが。。。)

【おまけ】
ところでこのCODD製リチウムバッテリー、何と付属の充電器で満充電まで16時間くらい掛かってしまいました(汗)。
確かに限界まで使い切ったとはいえ、一晩掛かっても充電出来ないというのはちょっと長過ぎるような・・・。
電圧は100-240V対応と書いてあるので、普通に日本のコンセントに差すだけで大丈夫なはずだと思うのですが、何か間違っていますでしょうか???
もし詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイス頂けますと嬉しく思います<(_ _)>

【※追記】

早速フォロワーの方に教えて頂きました!
この充電器は3Aの電流で充電しているので、単純に60Ahの容量を満たすには60Ah÷3A=20時間かかるという計算になるのだという事です。
とはいえバッテリーの残量を全て使い切る事は出来ない(容量が減っていくと電圧が途中で落ちて使えなくなる)ので、16時間くらい充電に要したというのは不自然な事ではないようです。
アドバイス頂いた皆様、たいへんありがとうございました<(_ _)>

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • Yoshiki Kando
    • 2019年 8月 14日

    1.急速充電は避けたほうが無難です。バッテリの寿命を縮める可能性が高くなりますし、社外品の充電器を使うと最悪発火の可能性もあります。
    2.充電中は乾電池セルが発熱します。急速充電は大きな熱が発生します。熱はバッテリーの成分劣化を促進します。
    3.充電時間は30時間の間違いではないでしょうか。入力(Input)が2Aなので。60Ah÷2A=30h。
    4.発火に厳重注意。バッテリーが膨れてきたなどの兆候があったら直ちに使用を中止してください。

    • ・・・あ、本当ですね!
      ありがとうございます、修正させて頂きます!

    • 良く考えてみたら、チャージャーの出力がバッテリーの入力になると思うので、やはり3Aで良いのではないか?と思います。

    • yamada
    • 2019年 8月 15日

    リチウムバッテリーの基本的な事を忘れていますね

    リチウムの場合はBMS側で連続的に流せる電流、短時間で流せる電流を管理しているので
    使用するリチウムバッテリーが流せる電流よりもエレキの最大負荷時の必要電流が高い場合
    最大負荷で連続航行はバッテリーのBMSでカットオフが入るので不可能です

    なので容量だけでなく使用しているエレキの最大電流を持続的に取り出すことが出来るスペックを
    持った物を選ばないとダメですよ

  1. KenDさん

    遅ればせながら、私も 中華 12V 100AH 本日届きました。
    ポチってから1か月(まぁ、そんなもんでしょう。発送は相手任せ
    のを安いから選んだので。DHLとかFeDEXならもう少し早かったかも)

    接続テストは簡単に終わり、動作も完了。

    バッテリーとエレキはついてるボルトはM8と同じく、ノブスターに
    いれたら短かったので長いの買ってきてこれで運用することとします。

    ACデルコはこれはこれで予備に置いておこうという事です。

    充電器はKendDさんのは2Aなんですね。私は10Aの充電器です。
    バッテリーの重さは7.9KGでデルコと比較して1/3なんで宅配便受け取り
    から運ぶだけで片手なのでこの時点で感動ものでした。

    私もレビューします。

    • 情報ありがとうございます、ついに到着されたのですね(^^♪
      しかし10Aの充電器とは・・・Σ(゚Д゚)!!
      参考までに、購入された商品のURLを教えて頂けませんでしょうか?

  1. 2019年 8月 22日

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ