バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

2013.07.05 琵琶湖 「乗っける系」

2013/07/05(金)
[05:00]曇り/弱風
気温 24度/中潮
水温 瀬田川 24.5
雄琴沖 23.8
琵琶湖大橋 23.9
5点平均水位 -15cm
放水 15t/s

スポンサーリンク

<情報>
昨日に引き続き、午前までは雨予報。
しかし午後からは晴れ&強風予報・・・。

<作戦>
とにかく、午前中のうちに釣っておくw

<実釣>
今回はお久しぶり!・・・の琵琶湖の猛者、Sさんとの釣行。
自然と釣果の期待が高まります。

まずは朝イチ、前日良かった下物の真ん中辺りのエビモエリアへ。
しかしこの日は、朝からまあまあ南風が・・・。トップには少し厳しいかも。
で、Sさんはサクッとテキサスで40UP。フォールバイトで、魚は浮いてそうとの事。

というわけでルドラFのリッピング~浮き浮きパターンを試してみます。

浮上しきる前に、ギラっとルアーを襲った45UP。まずまずの出だしです。

その後は晴れがちになってきたため、SさんはライトテキサスでGET。
自分は3/8ozテキサスで沈めてみたのですが・・・反応が悪い。
そこで真似して、1/8ozのオールドモンスターに変えたらサクっと釣れました。
テキサスだからって「沈める」とは限らず、「乗っける」というのも有効なのですね・・・。

他のエリア展開を求めて各所ランガンしていきますが、次第に晴れがちとなり風は南風がますます強くなってきます。風を避けるように近江大橋エリアで数本搾り出しますが、やはりイマイチな感じ。

スポンサーリンク

というわけで下物に戻りますが・・・時すでに遅し(泣)。
かなりの爆風&気圧上昇でお手上げです。
そんな中でもSさんはスピナーベイト40クラスを掛けますが・・・大荒れで無念のフックアウト(泣)。

どうしようもなくなり、ウィードの状態が良かったカネカのインサイドへ。
で、再び「乗っける」を実践すべくデスアダー6inのノーシンカーをキャスト。
すると・・・グングン持って行くバイトで、40、45cmを2発GET。
こういう釣りも楽しいですね♪

最後はもう手詰まりでどうしようもなくなり、南エリアのフラットでひたすらファットペッパー。

20130705_162956

ウィードはかなり良い感じだったのですが、40UPを1本追加のみで終了でした・・・。

<反省>
間違いなく今期最もタフな一日でした(泣)。
今期はこれまで毎回50UPが釣れていたのですが、それも今回までとなってしまいました。
雨の後の気圧上昇+爆風、強敵ですね・・・。

釣っている人はボディーウォーターラインで跳ね系のアクションでGETしていたみたいです。
思いっきり夏パターンですが・・・全然頭に無かったです。
もっともっと釣りの引き出しを増やしていきたいですね。

Sさん、厳しい中お疲れ様でした。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2013年7月
« 6月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ