バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

日焼けどめ不要?の最終兵器!サンバンディットvsマルチサンシェード比較

好天が続く今年のGW・・・いよいよ日焼けの季節がやってきました。
既に真夏に匹敵する紫外線量だそうで、釣行後の日焼けに衝撃を受ける方も少なくない事でしょう。

スポンサーリンク

過度の日焼けは翌日に疲労感を残す原因になりますし、サングラスによる逆パンダ焼けで、職場に出るのが恥ずかしい・・・なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時にイチオシ!
日焼け対策のリーサルウェポンとも言うべき?アイテムが、「サンバンディット」です。

Bkyu

何これ怪し過ぎ・・・とドン引きされるかもしれませんが、これ一つで顔から耳、首筋まで全てカバーできるという優れものです。
(ちなみに「バンディット」とは山賊の意。間違ってもこのままコンビニに入らないで下さい・・・)

2シーズンくらいヘビーに使い倒してみた結論としては、

・意外と暑くない
→通気性・伸縮性に優れた薄手の生地のため、見た目ほど暑くなく快適です。

・効果抜群
→SPF50の日焼け止めを塗るより効果があるように感じました。
ただし全く日焼けしないわけでは無いので、最も紫外線の強い5~8月位は、日焼け止めを併用すると完璧だと思います。

・マスク代わりにも
→マスク代わりに!?花粉やPM2.5、肌の乾燥などもある程度は防げる・・・気がします。

そんな便利なサンバンディットですが、1シーズンも使い続けると生地が伸び伸びになってしまい、ガーゼ的な繊維の表面にダマも出来てしまう様な感じでした。

そこでさらに完成度の高かったアイテムがコレ!

Gjh

スポンサーリンク

BOWBUWN(防蚊)マルチサンシェード(フリーノット)。

水着のような?速乾性と伸縮性に優れた生地が採用されており、サンバンディットよりもしっかりとしたフィット感で、使い続けても伸び伸びになりません。
(逆に、締め付けが緩い方が好みなら、サンバンディットの方が良いかもしれません)

速乾性が高いので、夏場はわざと水に濡らして絞ってから付けると気化熱で涼しい・・・なんて裏技もあります。

嬉しいのは虫除け機能も付いている点で、ビワコ虫やら何やらに悩まされている方にもお勧めです。

20141011_064450

(左:マルチサンシェード 右:サンバンディット)

難点は、やはりどう装着しても怪しく見える・・・という点くらいでしょう(笑)。

Liyhg

琵琶湖ではだんだん装着率が上がってきている実感がありますが、もっと全国的に広まれば、みんな慣れてくれるはず・・・と期待しています(笑)。
さあ、あなたも是非!

※よろしければ Facebookページへのいいね! & Twitterフォローをお願いします→

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ