バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 秘密のスパイベイティング – KVDのシークレット・ベイト

KVDが圧勝を決めた、夏の巨大スモール戦。
勝利を呼んだシークレット・ベイトは、実は日本のあのルアー!?
帝王が隠し続けた、秘密の”無名スパイベイト”をシェアします。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

KVDのシークレット・ベイト

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今年のBASSMASTERエリートシリーズで、印象的だった試合の1つがセントローレンス・リバー戦。
KVDが見事なポール・トゥ・ウィンを決めた、夏の巨大スモール戦です。

その待望の詳細がBasser11月号にて紹介されていたわけですが・・・。
ここで私の目を釘付けにしたのは、KVDがひた隠しにし続けたシークレット・ルアー
勝利を呼んだ無名スパイベイトの存在でした。

(Basser11月号より)

 

“無名スパイベイト”の正体

しかし決してKVDが明かさなかった”無名スパイベイト”の正体は、LIVE動画の配信によって瞬く間に全米に広がってしまいます。
そしてそのルアーとは何と、日本のDUO社製の「スピンベイト80
何とライブ放送の1時間後には、タックルウェアハウスの在庫が全て売り切れたのだという事です。

(DUO HPより。ところで、アーロンってそろそろ来日しないのでしょうか・・・)

※そして特に、一番ウェイトのある“G-Fix”というモデルでは無かったか・・・という噂なのですがご存知の方いらっしゃいます???

 

キモはレンジかアクションか?

しかしこのスピンベイト、個人的に知ってはいたのですが手を出していませんでした。
なぜならつまるところ、「ステルスペッパーと一緒でしょ?」と思っていたからです。

(これは確かに名作かと・・・)

けれども西島プロが公開されている解説動画を見てみると、特に”G-Fix”ではカバーできるレンジが全然違う!

スポンサーリンク

アクションにも若干トリックが加えられているようで、もしかしたら小さく無い違いがあるのかもしれない・・・と思い始めている次第です。
(”サブイズム”さんの記事によると、リトリーブ時の微かな揺らぎシミーフォールが特徴だとか・・・)

噂のスパイベイト(スピンベイト)テクニックとは何か?

というわけでぜひ試してみたいルアーの1つですので、売っているお店をご存知の方はこっそり教えて下さい(笑)。
(特にG-Fixが売ってないことありませんか???)

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ