アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ステラ不要!?19ヴァンキッシュに感じた謎の”剛性感”

軽量スピンのフラッグシップ、シマノ“19ヴァンキッシュ”
しかし衝撃を受けたのは、軽さよりむしろ剛性だった!?
樹脂ボディの常識をひっくり返す、パーフェクトな仕上がりに驚きます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

軽量スピニングのハイエンド

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
今年はバスオブジャパンの試合に本気でコミットするという事で、苦手なライトリグに真正面から取り組もうと思いまして・・・。
覚悟を決める意味でも、軽量スピニングのフラッグシップである19ヴァンキッシュ2500S”を2台導入いたしました。

(ミドストなど巻くフィネスも考えて、あえてノーマルギアを選びました)

巻き物好きなので、スピニングもツインパワーストラディックなど高剛性モデルを愛用して来たわけですが・・・。
使用用途がライトリグで軽量なスピニングロッドを合わせると、さすがに重さが苦になってくる場面がありました。
そこでヴァンキッシュを導入したわけですが、わずか165gという軽さには確かに驚かされた次第です。

(ロッドをにしてアクションしても、とっても楽に操作できます。。。)

CI4ローターだとかチタンワンピースベールだとか、技術的な詳細については他サイトに譲りますが・・・。
非常に意外だったのは、実はこのリールから受けた最大の衝撃軽さでは無く”強さだったという事です。
というわけで今回は、ライトウェイト・スピニングのハイエンドに感じた謎の剛性感について考えてみたいと思います。

 

実は樹脂ボディは剛性が高い???

さて19ヴァンキッシュは軽量化のために、CI4+という樹脂ボディが採用されています。
非常に軽くて強いと言う事で、今では多くのモデルにこの手のプラスチック素材が採用されているのですが・・・。
個人的にはイマイチ”巻き剛性“が感じられない気がして、どうしても金属ボディのモデルを選んでしまいがちです。

※大変申し訳ありません、致命的な勘違いをしておりました!
CI4なのはローターだけで、ボディ素材はマグネシウムだそうです・・・心からお詫びして訂正させて頂きます。

(その意味で15ツインパワーは名機かと・・・)

しかし19ヴァンキッシュを使ってみた最初の感想は、軽さより前に「何このカッチリ感!?」でした。
シャッドなどを巻いてみても、高剛性がウリのストラディックやツインパワーより精緻な印象を受けたのです。
ファイト時にたわむ感じも薄く、ドラグがきっちり一定負荷で滑り出すという感覚。
その使用感はストラディックCI4等の軽量シリーズというよりも、むしろステラに近いとすら感じられました。

(廉価なリールほど、ドラグの滑り出し負荷が不安定になる気がします。。。)

不思議なのはなぜこの素材で高い剛性感が出せるのか?という点なのですが、実は樹脂ボディは計算上の強度は高いのだそうです。
そうは言っても金属ボディの方が巻き剛性が高く感じられるんですけど・・・とFショーでシマノの人に聞いてみたところ、それは部品精度のせいかもしれないと教えてもらったことがありました。
つまり部品単体の強度では金属に劣らないのですが、精度を出しにくいのでどうしてもクリアランスが大きくなりがちで、それがリールとして全パーツを組んだ時の巻き剛性感をスポイルしている可能性があるというお話でした。

※訂正:CI4では無く、マグネシウムボディだからこのフィーリングが出せたのか・・・と納得しましたです、はい(滝汗)。

 

もはやステラは必要ないのか!?

とはいえそのお話の後バンタムMGLがデビューし、「やっぱりメタルボディの方が強いじゃん」と思ったのですが・・・(苦笑)。
19ヴァンキッシュに感じた剛性感は、その認識を根底から覆すコペルニクス的転回のように感じられました。
それがどのくらい素晴らしかったかと言えば、剛性オタクの私でさえ「これ、もしかしてステラ要らないのでは???」と思えるほどのレベルだったのです。

もちろんステラの方がベイルの重さがある分、リーリングで巻き続ける場合は慣性で回り続けてくれるというメリットはありそうですが・・・。
バッシン・スピンで扱うようなタイニープラグであれば、たとえ巻き物であってもヴァンキッシュで十分と言うのが偽らざる印象。
究極の軽さがウリの19ヴァンキッシュですが、むしろその剛性感の方に驚かされた次第です。

(シーバスなどソルトのビッグプラグなら別でしょうが・・・)

というわけで極めて高い次元で軽さ剛性を両立した、クイックレスポンスシリーズのハイエンドモデル。
決して安いリールでは無いですが、予算が許せば全部入れ替えたいと感じさせてくれるほどの名機だと思います。
愛用するプロアングラーが多いのも納得で、軽量スピニングを検討している方には自信をもってお勧めできる逸品です。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • ふーちゃん
    • 2020年 4月 16日

    19ヴァンキッシュのボディーは足つきフタがマグネシウム合金で足なしボディーがCI4+の半プラボディーです。お間違いなく。

    • ありがとうございます、確認して修正させて頂きます< (_ _)>

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ