バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 世界一釣れるチャター、”ジャックハンマー”と”ザコ”の関係

センセーショナルな釣果で、一時代を築き上げた“チャターベイト”
世界一と呼ばれるジャックハンマーは、ZAKOでこそ真価を発揮する!?
アメリカを席巻するNo.1チャターの、意外な印象をシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

世界一釣れるチャターベイト

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて季節はすっかり”巻き物の秋”、皆さん巻いてらっしゃいますでしょうか?
巻き物と言えばクランク&スピナベ・・・も良いのですが、今回はチャターベイトについて書いてみたいと思います。

何年か前から、自分の中でのチャターベイトの基準はブレイクブレード(ジャッカル)”になっています。
そしてクリアウォーター&深めの場合はブレードジグ(OSP)”、逆に激濁りのシャローではアディ(10FTU)”を入れるという使い分け。
トレーラーに関しては、ほぼデスアダー5inchの一択という感じで使っていました。

そこに最近割って入ってきたのが、エリートプロ「ブレット・ハイト」プロデュースのジャックハンマー
これを駆使してBASSMATERエリートで勝ちまくり、「世界一釣れるチャターベイト」の名を欲しいままにしています。
オープンに参戦した時は、本当にどの選手のタックルボックスにも入っていてビックリするほどでした。

(©Bassmaster.com)

というわけで今回は、2シーズンほど使い込んできたジャックハンマーをインプレッションしてみたいと思います。

 

意外とフィネス寄りのチャター!?

さて最初にジャックハンマーを使ってみた時の感想は、「何この千鳥るチャター?」というものでした。
いつも通りデスアダー5を合わせてみたのですが、ブレイクブレードと比べると明らかにフラフラとバランスを崩します。
それが良いのだ!という意見もあるかもしれませんが、少なくとも高速リトリーブではかなり使いにくいと感じたのです。

千鳥りに関しては百家争鳴、非常に難しい問題ですが・・・)

そこでブレットが必ず使っているトレーラー、ZAKO(ゲーリー)”を組み合わせてみることに。
するとだいぶスタビリティ傾向が強い(安定性が高い)ワームのようで、フェイントアクションがガクっと激減。
高速リトリーブをしても、なかなか良い感じの微千鳥りくらいに収まるようになったのです。

(たぶん、これくらいのアクションを狙って開発されたのだろうなと・・・・)

チャターベイトは組み合わせるトレーラーによって全くアクションが変わってくるので、「あのチャターって結構アクション強いよね?」「え?いや、タイトでしょ!?」と会話が噛み合わないことがよく起こるかと思いますが・・・。
これをジャックハンマーの標準セッティングと仮定して話を進めますと、実は意外とタイトアクションだなと個人的には感じました。
アメリカン・ルアーという事でアディみたいにブルンブルンするチャターを想像していたのですが、むしろブレイクブレード+デスアダー5より控えめなアクションと感じたのです。

(そしてトレーラーワーム自体のアクションも相当おとなしいかと。。。)

それからヘッドとブレードがぶつかり合って発生する、「削岩機(ジャックハンマー)のような強烈なサウンド」もアピールポイントとアナウンスされています。
しかし確かに音はするのですが、例えばBカスタムチャターと比べればかなり抑えめな音量
ん、本当に鳴ってる?と注意して聞かないと分からない程度で、決してバイブレーションのような大音量というわけではないと思います。

(ブレードとヘッドが当たって削れています)

それからフラッシング対策を施された、カラード・ブレードも充実しています。
個人的に「光るものを嫌う」状況は確かにあると感じており、特に波動で誘うチャターにはフラッシングが邪魔になる事も少なくないと思っています。
もちろんシルバー/ゴールドブレードも選択でき、様々なシチュエーションに対応できるラインナップとなっています。

 

メイン・チャター、ついに交代!

というわけで想像していた「ストロング・チャター」とは全く違い、使ってみるとむしろフィネスな印象すら受ける結果となりました。
波動の強さや千鳥り具合、音、フラッシングと、全ての要素が割と控えめ。
しかし厳しいトーナメントシーンであらゆる状況に対応するためには、もしかしたらこれくらいの加減がオールマイティな落としどころなのかもしれません。

そしてトレーラー次第で全く性格が変わるのもチャターベイトの特徴ですが、ジャックハンマーはやはりZAKOとのコンビネーションで真価を発揮するように思います。
ノンソルトのマテリアルは耐久性があり、フックが錆びにくいので付けっ放しのまま長期間使用することも可能。
ボディがバルキーなためか障害物の回避性能も高く、さらにはスキッピングもやりやすいという印象です。

(私はアメリカで買ってきましたが、最近は国内でも結構売ってるみたいですね・・・)

正直あまりにもミーハーなので抵抗があったのですが(笑)、実際に投げてみると確かに使いやすいと唸らせられました。
そんなわけでついに、自分の中でのメイン・チャターの座が交代!
幅広い状況でファーストチョイスになるジャックハンマー+ザコのコンボ、未体験の方にはぜひお勧めしたいと思います。
(ちなみにブレットは、大体いつも3/8ozを使っているイメージがあります。。。)

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ