バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 19アンタレスを超える!?13メタニウム+夢屋BFSスプールの隠れた実力

今もメインで活躍する、13メタ+夢屋BFSスプールの黄金コンビ。
そのレスポンスは、何と最新のアンタレスをも凌駕する!?
ベイトフィネスに限らない、浅溝スプールのメリットをシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

今もメインの13メタニウム

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
16メタニウムでのMGLスプールの登場や、バンタム&アンタレスといった新世代高剛性ベイトが相次いでデビューした近年。
リールの技術革新の早さには、正直目を見張るものがあると思います。

しかし私の現在のメインリールは、実は今でも旧型の「13メタニウムです。
これは予算が厳しいからという面もありますが(苦笑)、負け惜しみでなくあえてのセレクト。
そしてそのカギになるのが、“夢屋BFSスプール”の存在です。

今回は今でも一線級の戦闘力を持つ、13メタニウム+夢屋BFSスプールの実力についておさらいしてみたいと思います。

 

ベイトフィネス用ではないシャロースプール

さてこの夢屋BFSスプールは、8lb-75mのラインキャパを持つ34mm径シャロースプール
しかしその使いどころは、むしろベイトフィネス以外にあるように感じています。
それは特に軽量ではない普通のウェイトのルアーを、サイドキャストやピッチングといったテクニカルキャストで使う状況です。

このスプールは限界でフロロ14lbを50m弱16lbを40mほど巻くことが出来るラインキャパシティを備えています。
そしてこのライン量というのは、バンク撃ちなどの中~近距離戦には十分というのが実感。
琵琶湖でジグやテキサスをフルキャストするともう少し欲しいと思う時がありますが、それでも底物なら50mもあれば足りると感じています。

ではなぜそんなにライン量を絞る必要があるのか?というと、これはもう単純に「キャスタビリティが格段に向上する」から。
その素晴らしいスプールレスポンスは、軽量ルアーの飛距離水面を這うような低弾道キャストを圧倒的にイージーにしてくれると思います。
あえて言い切ってしまいますが、夢屋BFSスプールのレスポンスは19アンタレスよりもさらに上だと個人的には感じています。

「そんなバカな、旧式スプールが最新のMGLⅢスプールより上だなんて!?」と思われるかもしれませんが、そのキーを握るのは“ラインの量”だと考えています。
12lb-100mのラインキャパを持つ19アンタレスの糸巻量は、夢屋BFSスプールのざっと2倍
もし同じラインキャパで作ったならMGLスプールが圧勝することでしょうが、先端技術の粋を尽くしても乗り越えられないくらい、ラインの重さは絶対的な足かせになるのだと思うのです。

それでもにわかには信じがたい・・・という方も多いでしょうが、実は夢屋BFSスプールの愛用者は私以外にも少なくありません。
BURITSUのMr.Nobiteさんを始め、近距離テクニカルキャストが必要なリザーバーをホームとするアングラーの間ではコアな人気を集めているとの事。
シャローマンの片岡壮士選手も、すべて13メタニウムXG+夢屋BFSスプールのセッティングで戦っているという話も以前シェアした通りです。

ではバンク撃ちのテクニカルキャスト専用か?というとそんな事もなく、私は琵琶湖の沖の釣りでも重宝しています。
例えば初夏くらいからの時期、ロングカーリーのライトテキサス(5g前後)などは超・ド定番の釣りだと思うのですが・・・。
この手の軽めのリグをフロロ16lbをたくさん巻いた普通のリールで投げようものなら、全然飛距離が出なくてイライラすると思います。
こんな時に夢屋BFSスプールを搭載した13メタニウムであれば、感動するほど軽々とキャストできるというわけです。

(最近はやりのフリーリグやヘビダンなど、7gくらいのリグにもホント重宝します)

 

34mm径30番スプールを熱望します!

ところでこのように考えた時、すでに最適なラインナップがシマノにはあるのではないか?と思われるかもしれません。
それが隠れた名機の声もある18アルデバランMGLで、8lb-100mの30番スプールを採用。
13メタ夢屋BFSスプールの20%増し程度のラインキャパで、16lbでも50m近く巻けるであろう理想の糸巻量と感じられます。
近距離戦がメインとなるフィールドのアングラーには、実際根強い人気を誇っていると聞いています。

(「黒田健史のいろはにほへと」より。昨年TOP50チャンプの早野選手も愛用しているそうです)

18アルデバランMGL30/31

ではなぜ私がこのリールをメインにしないかというと、32mm径の小径スプールだからです。
これは軽量ルアーのキャストには有利なのですが、太糸を使うとクルクルとコイル状の癖が強くなってしまいます。
個人的にはフロロ12lbまで、しなやかな銘柄を使っても14lbが快適に使える限界かなと感じている次第。
細かい事を言えば剛性面も気に入らないのですが、16~20lbを使う撃ち物ではさすがにキツいというのが主な理由です。

というわけで結論として何が言いたいかというと、「バンタムやメタニウムに30番シャロースプールの設定を追加して欲しい」という事です(笑)。
バンタムには16lb-80m(70番)の夢屋浅溝スプールがラインナップされていますが、正直これは“中溝”ではないかと思います。
ここまでのラインキャパが必要なのは、琵琶湖でもフルサイズディープクランクやヘビースイムジグ等のフルキャスト時等ではないでしょうか。
近距離戦やジグ・テキサス系の撃ち物を考えれば、これでもまだまだオーバーキャパシティだと思うのです。

(©shimano)

逆に20lb以上を常用するビッグベイトなどでは150番が必要でしょうし、正直「ラインキャパに”正解”は無い」と強く感じます。
だからこそユーザーの用途に合わせた、細かいラインナップ分けが必要とされているのではないでしょうか。
というわけで34mm径30番スプールの設定を熱望しつつ、13メタニウムを使い続けているKenDでした・・・。

(ついでに言わせて頂きますと、夢屋カスタムスプールではなく標準ラインナップでの追加を期待しています!)

※今だと13メタニウムは安いので、中古で購入するにはかなり良い選択肢だと思います!
ちなみにまだスプールは普通に買えます↓

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • パパちゃん
    • 2019年 4月 23日

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    以前の販売で数量に間に合わず販売を逃してしまったのですがキャップの販売はまだでしょうか?
    確かその時お電話でお話しさせていただき4月位の発売予定と言うようなことをお聞きしていたのですがいかがでしょうか?

    • お問い合わせありがとうございます!
      現在発注中ですが、工場の出荷が遅れており5月にずれ込みそうな予定です。
      お待たせしておりますがよろしくお願い致します< (_ _)>

    • コウタ
    • 2019年 4月 24日

    正直16×100mはよほど重たいルアーを投げ飛ばすか20lb以上のラインを巻いて撃ち物をするときぐらいの用途しか考え付かないので特殊な釣りを除いてマックス12×100が日本において一番バランスが取れていると思います。

    以下、私の不満ですが、シマノのリールで不満なのは上位機種でスプールの互換性がないことです。なのでいちいちその機種のスプールを用意しなければいけないことが面倒だと思います。その点ダイワはスティーズ、ジリオン、リョウガの34mmスプールの上位機種でスプールの互換性があるのでローテーションが組めて便利です。SLPワークスのスプールで最浅で12lb×80mなので今回のメタニウムのようなレスポンスは期待できないかもしれませんがキャストも近距離のピッチングもご機嫌に決まります。

    私の中でのダイワリールの34mmスプールのローテーションは

    12lb×100スプール
    14-16lbラインを巻いて近距離のクランキング、撃ち物全般、PEラインを使ってのフロッグやトップウォーター全般

    10lb×100スプール
    10-12lbラインを巻いてジャークベイト、潜行深度が欲しいクランキング
    14-16lbラインを巻いて小さい撃ち物(4-6グラムクラスのスモラバや5インチクラスのワームのネコリグなど)

    14lb×100スプール
    16-18lbラインを巻いてのスイムジグ、フルサイズジグ
    5号PEラインを使っての濃いカバーでのフロッグ

    以上のようになっています。
    私は上記の釣りをジリオンSV TWシリーズでやっていますがなぜかというと将来的な計画考えてのことです。というのは巻物を徹底的にやるには高強度リールのスティーズA(あるいはリョウガ)がよいと思い購入を検討しましたが値段もありますがラインキャパが多すぎることもあり見送りました。

    しかし、ジリオンを数機揃えてスプールの余りが出てスティーズAに転用する計画を考えています。
    飛距離が延びない等いろいろ言われてるダイワリールですが無茶な投げ方をしてもトラブルが重症にならない良いリールです。

    長々と失礼いたしました。ご参考になれば。

    • 貴重な情報ありがとうございます!
      確かにダイワリールは、パーツの互換性があるのが本当に美点ですよね(^^♪
      私自身は部品が自分で注文できなくなってからダイワから離れてしまったのですが、釣り道具としては素晴らしいものが多いと思います!
      10lb×100スプールはたぶんシマノのラインナップには無い?気がしますのが、かなりうらやましいサイズです。。。(;^ω^)

    • 新たまねぎ
    • 2019年 5月 22日

    はじめまして。
    私は16メタニウムMGLで7g程度のルアーを快適にキャストしたくて、夢屋BFSスプールと同じようなスプールを探しています。
    近いものとしてアベイルの中溝スプールやKTFのバーサタイルフィネススプールがありますが、KenDさんは導入されないですか?

    • KTFのスプールは私も試しましたが、素晴らしく良いと思います(^^♪
      アルデバランのような本気の32mm径ベイトフィネス機には敵いませんが、7g程度でしたら余裕かと!
      アベイルは未導入なのでちょっとわかりません・・・(;^ω^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ