バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 異次元のパーフェクト・ウィン – 進撃の”藤田京弥伝説”

誰もが耳を疑うスーパーウェイトで、2勝目を飾った藤田京弥選手。
得意のサイトのみならず、普通のカバー撃ちでもケタ違い!?
空前絶後の怪物は、もはや誰にも止められません!!

※タイトル画像はJB/NBC公式サイトtwitterより

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

藤田京弥、圧巻の2勝目!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて先週末行われた2019TOP50第3戦旧吉野川では、藤田京弥選手が見事優勝!
昨年の七色ダム戦に続く、トップシリーズ2勝目をマークしました。


2018シーズンにTOP50昇格を決めるや否や、デビューイヤーでいきなりの優勝
しかもタイトルレースでもあわやAOYと、まさにゴールデンルーキーの呼び名に相応しい大活躍を見せてきました。
そしてある意味真価が問われる2シーズン目も、きっちりと勝利を飾って見せたのです。

(JB/NBC公式サイトより)

 

旧吉野川・5kg超えの衝撃

しかし今回の旧吉野川戦で感じたのは、単に2勝目というだけにとどまらない異様なインパクトでした。
ちょっとした災害レベルの大雨で、緊急放水からの激流・大減水という異常なコンディションとなった今回。
JBのtwitterで続々とゼロ申告が流れるのを目の当たりにし、選手たちが置かれた過酷な状況が目に浮かびました。


(初日のリミットメイクは何とたった3人だけとか。。。)

ところがそんなローウェイト戦の中、目を疑うようなスコアが視界に飛び込んできました。
5尾・5,125g
それはウィードが消失してからの旧吉野川戦で、調べた限り一度も出たことのない異次元のスーパーウェイトでした。
私もバスオブジャパン戦で今年初めて旧吉を訪れましたが、平時ですらそんな数字が飛び出すとはとても思えなかったのです。

(JB/NBC公式サイトより)

そしてリミットメイク率ゼロとなった2日目も単日5位、そして最終日はノーフィッシュながら逃げ切り優勝
これは「決勝をやる前に、すでに勝っていたとも言えるわけで、いかに予選のスコアがぶっ飛んでいるかが分かります。
しかも藤田選手艇には釣りビジョンの取材陣が乗っていたそうで、極限のプレッシャーすらものともしない、まさにパーフェクト・ウィンと言えるのではないでしょうか。


(いやほんと、これを見るためだけでも釣りビジョン契約しようかと思う位です。。。)

 

空前絶後のモンスター・アングラー

それに加えて今回の勝利は、その「勝ち方」においてもショッキングな驚きがありました。
藤田選手と言えばサイトの名手ですから、今回も見て釣ったのでは?と想像してしまいます。
しかしJBでは上流はトーナメントエリア外な上に、大雨で河川は濁流に。
藤田選手のウィニングパターンは、何とバックスライド系ノーシンカーでのカバー撃ちだったのです。


RV-ドリフトクローのバックスライドセッティングがメインだった模様です)

これの何が驚きかというと、「あまりにも普通過ぎる」という点に尽きると思います。
カバー際を撃つなら誰もが試す釣りでしょうし、しかも周りは百戦錬磨のトップ50選手たち。
アシの倒れ込み一本に至るまで舐めるように撃ち尽くされたスポットから、藤田京弥だけが次々とバスを引き出してくる
付近のポイントをシェアしていた選手から見たら、まるで魔法を見せつけられているような悪夢の光景だったのではないかと想像します。

デビューイヤーで大活躍を見せつけた藤田選手ですが、良くも悪くも「サイトのスペシャリスト」という印象が強かったのではないかと思います。
しかし今回明らかになったのは、非サイトでもケタ違いに強いという事実でしょう。
サイトは破格、非サイトでも圧倒的・・・となれば、もはやトーナメンターとしてパーフェクトとしか言いようがありません。
メンタルも含めて完全無欠なその強さに、戦意を喪失するほどショックを受けた選手も少なくないのではないでしょうか。


(ターマック最強なのに、グラベルも速いセバスチャン・ローブ・・・みたいな感じでしょうかw)

というわけでショッキングなまでのパーフェクト・ゲームで、関係者を戦慄させた“平成最後の怪物”
爽やかなスマイルのモンスターは、もしかしたら日本バスフィッシング史上空前絶後の大選手となるかもしれない・・・。
そんな藤田京弥伝説の誕生を、私たちは今まさに目撃しているのかもしれません。

(もしかしたら日本人選手で初めて、アメリカでのAOYを狙える存在になるかも。。。なんて期待しちゃいます)

 

豪華メンツそろい踏み!タイトルレースのゆくえ

そして折り返しとなる第3戦を終えて、タイトルレースでも暫定2位に浮上。
暫定トップ・三原直之選手の17ポイント後ろから、後半戦での大マクリが期待されます。
三原選手にチャンプになって欲しい気持ちはあるのですが、藤田選手がAOYを獲るのも見たい・・・という複雑な気分です(笑)。


(最新情報によると、三原選手は藤田選手との一騎打ちを制してワイルドカード七色戦で勝利した模様!!)

それから1ポイント差の3位に肉薄するのは、“日本のジェイミー・ハートマン”小林明人選手。
ある意味で個人的に一番憧れている「遅咲きのスター」の活躍も、今後非常に楽しみです。
(なぜジェイミー・ハートマンなのかはコチラw↓)

4位につけるのは超の字のつく大ベテラン、“ミスター・フェンウィック”こと沢村幸弘選手。
先日の遠賀川戦で最年長優勝記録を更新したばかりの沢村選手にも、ぜひ最年長AOYを期待したいところです。

さらに5位には“TOP50最多チャンプ”、小森嗣彦選手がランクイン。
こちらも自身の持つ最多AOY記録を伸ばせるか否か、後半戦に期待がかかります。

(JB/NBC公式サイトより。ほんとこれ、abema TVで番組にしてくれたら超面白いと思うのですが。。。)

他にも6位の福島健選手、ルーキーながら7位の加木屋守選手、そして8位には魚探マスターの武田栄喜選手と見どころ満載のタイトルレース。
新世代スターからベテランまで、豪華な顔ぶれが勢揃い!
見どころ満載のトップトーナメントのゆくえにも、ますます要・注目です。

 

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 30日

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ