バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[速報] “世界のT.namiki”健在!並木プロがノーザンオープンで魅せた勇姿

並木プロがノーザンオープンで魅せた!
復帰後わずか3戦目で、見事最終シングルフィニッシュ・・・。
トーナメントシーンが変化しようとも、“世界のT.namiki”は健在です!!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

“世界のT.namiki”ここにあり!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
TOP50第4戦・桧原湖ラウンドで盛り上がる今週末ですが・・・海の向こうから嬉しいニュースが飛び込んできました。
何とO.S.P代表並木敏成プロが、激戦のノーザンオープン最終戦で7位シングルフィニッシュを決めたのです!!

今年、米国トーナメントへの久々の復帰を宣言した並木プロ。
しかし長きに渡るブランクは、さすがに厳しいのでは・・・と個人的には考えていました。
FLWからB.A.S.Sへの選手の流入による競争の激化、そして魚探等のハイテク化によるメソッドの変化は、トーナメントシーンをガラリと変えてしまったのではないかと思うからです。
(復帰1戦目は苦戦されていましたよね・・・)

ところがそんな予想をものともせず、わずか復帰3戦目にして決勝進出からの7位入賞・・・。
“世界のT.namiki”の健在ぶりを、内外に強烈にアピールする見事な結果だったと思います。
やっぱり並木プロはスペシャルな存在なのだなと、あらためて本当に感動しました。。。

スポンサーリンク

 

オット・デフォーが見せたエリートプロの実力

そして優勝は、現役エリートプロのオット・デフォー選手。
初日から一度もトップを譲らない横綱相撲・・・。
エリートの一戦で活躍するバスプロの実力を、強く印象付ける試合運びでした。

 

深江選手まさかのノーフィッシュ

しかし一方で、あまりにも残念なお知らせもあります。
の暫定ランキング5位で最終戦を迎え、来季エリート昇格が期待されていた深江真一選手。
ところがまさかの119位に沈み、掴みかけていたチャンスを逃してしまったのです。。。

エリートプロ・深江真一選手を見られずあまりにも無念ですが・・・。
きっとまた見せ場を作ってくれると信じて、応援し続けたいと思います。
というわけで、くっきりと明暗が分かれたノーザンオープン最終戦でした。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • Aa
    • 2017年 9月 10日

    復帰3戦目ですよ。

    • ありがとうございます、修正いたしました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ